降圧剤の種類と働き・副作用について

降圧剤は、さまざまな種類があります。一般的には、カルシウム拮抗薬・アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)・アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬・利尿薬・β遮断薬(αβ遮断薬)の5種類が利用されます。最初の治療で用いられる降圧剤は、カルシウム(Ca)拮抗薬、ARB、ACE阻害薬、利尿薬の4つであり、一つの薬で症状が改善されない場合は、併用する場合もあります。
カルシウム拮抗薬の働きには、末梢血管を拡張させることや、心臓の血管を広げることなどがあり、高血圧だけでなく、狭心症の治療にも利用されています。
ARBの働きは、血管を拡張させて、血圧を下げることです。腎障害や糖尿病性腎症にも効果があり、さまざまな治療に利用されます。
ACE阻害薬の働きは、ARBと同様のものであり、血管を拡張させることで血圧を下げます。心不全や腎障害の治療にも利用されています。
利尿薬は、尿の排出を促進することで、血管内の水分量を減らし、血圧を下げる効果があります。
β遮断薬(αβ遮断薬)は、心拍数の減少と交感神経の抑制作用によって、血圧を下げることができます。
降圧剤には、この他にも漢方薬があり、さまざまの種類の漢方薬で血圧を下げる効果があります。高血圧のタイプによって、さまざまな薬があり、医師と相談して選択することができます。
降圧剤には、副作用があるため、高血圧以外の身体の異常がある場合には注意が必要です。医師や薬剤師に病状を申告して、他に薬を飲んでいる場合にも、報告する必要があります。薬を飲んでから体調が悪くなる場合もあるため、副作用が強すぎて、身体に不具合が生じた場合には、ただちに医師や薬剤師に相談する必要があります。