降圧剤ってどんな効果の薬?

人間が健康な生活をおくるために守ると良い血圧の範囲は、収縮期血圧(最高血圧)が140mmHg未満、拡張期血圧(最低血圧)が90mmHg未満といわれています。
そして、身体の調子が悪くなって病院へ行ったときに、収縮期血圧や拡張期血圧の数値が正常な範囲に収まっていないことがわかった場合は、血圧を下げるための薬を体内に投与して血圧の範囲を正常に戻す治療が行われます。
この治療に用いられる薬が、降圧剤(高血圧治療薬)と呼ばれる薬です。

医師が患者に処方する降圧剤にはいくつかの種類があり、その患者が高血圧に至った原因をよく調べた上で選ばれています。

例えば、高血圧に至る原因の一つとしては、体内に流れる血液に含まれる水分の量が多くなりすぎる点が挙げられます。
この場合は、水分を体外に排出するのを促す薬である利尿薬が選択されます。
利尿薬にもいくつかの種類がありますが、特に降圧作用が高い薬は降圧利尿剤などと呼ばれることがあります。
高血圧の治療に用いられる利尿薬にはサイアザイド系利尿薬、ループ利尿薬、カリウム保持性利尿薬などがあります。

また、血管の収縮がすすんで細くなってしまうのも高血圧の原因の一つです。
動脈の血管壁には平滑筋細胞と呼ばれる細胞があり、血管の収縮と弛緩はカルシウムイオンの流入と流出によって起こると考えられています。
ところが、生活習慣の乱れなど、何らかの原因によって流入するカルシウムイオンの量が増え、出て行くカルシウムイオンの量が減ると、血管が弛緩しにくくなり、血管が細い状態のままになります。
そして、この状態が続くとやがて心臓は以前より強い力で血液を押し出そうとするようになり、高血圧が常態化してしまいます。
血管の収縮・弛緩機能の異常が原因で起こっている高血圧に対しては、平滑筋細胞へのカルシウムイオンの流入を阻害することで血圧上昇を防ぐ場合はカルシウム拮抗薬(CCB)が用いられ、カルシウムイオンを細胞内に流入させる働きを示すアンジオテンシンIIの作用を妨げることで昇圧を防ぐ場合にはアンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)やアンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACEI)が選ばれます。

降圧剤は種類ごとに作用の強弱はありますが、基本的にはどの種類の薬も強い作用を示します。
そのため、降圧剤の多くは劇薬および処方せん医薬品に指定されており、正規の方法で入手する場合は一度は病院で医師の診察を受けなければなりません。

■オススメの降圧剤で高血圧を解消
ノルバスク:成分アムロジピン│OD錠・副作用・高血圧への作用
ミカルディスで高血圧対策を
バルザーによる高血圧治療